だいすきな木をきらないで…姿なき「小4男子」との文通

有料会員記事

石田貴子
[PR]

 《ぼくのだいすきな木をきらないでください》

 9月、神戸・六甲山のふもとの桜の木に、手紙が針金でくくりつけられていた。1枚の紙に、青いペンで書かれた文字が並ぶ。

 《なるべく、みきをたくさんのこしてください》

 差出人は「小4男子」とあった。街路樹を管理する市職員の志方功一さん(39)は、幼い文面を読んで思った。「子どもにもわかるように説明しないと」

 その前日。50本ほどの古木が連なる桜並木の一部に、「倒木のおそれがあるため撤去します」と印刷した赤いテープを巻いた。幹の内部が腐っていたからだ。

 志方さんはすぐ返事を書いて、幹に結んだ。漢字にはふりがなをつけた。

 《街路樹(がいろじゅ)を大切(たいせつ)に思(おも)ってくれてありがとう。このサクラは、幹(みき)の半分(はんぶん)以上(いじょう)が傷(いた)んでいて倒(たお)れる危険(きけん)が大(おお)きいことがわかりました》

 幹が折れ、そばを走る車にぶ…

この記事は有料会員記事です。残り556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら