[PR]

 31日のNHK紅白歌合戦で、アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」が総合司会の内村光良さん(53)とパフォーマンス企画で共演した際、メンバーの鈴本美愉さん(20)が意識を失ったようにして倒れた。NHK広報局によると、鈴本さんは軽い過呼吸のような状態で、ほかに平手友梨奈さん(16)と志田愛佳さん(19)も同様の症状を訴えたという。待機していた看護師が演奏後に確認したが、NHK側は問題はないと判断し、医療機関などへの搬送は要請しなかったとしている。

 NHKなどによると、欅坂46は、23番目にヒット曲「不協和音」を単独で披露。その後、同じ曲のさび部分を内村さんと一緒の振り付けで踊った。メンバーらが逆三角形の陣形で決めのポーズを取ったとき、鈴本さんが仰向けに倒れ、後方にいたメンバーが支えた。

 紅白はテレビなどで生放送されており、鈴本さんが卒倒する場面が映っていたほか、平手さんも手がけいれんしているような状態だった。審査員らが心配そうにステージ上を見つめる姿も映し出された。