[PR]

 今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2017ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日、発表された。年間大賞には、SNS「インスタグラム」に投稿した写真がひときわ映えたかどうかを意識した「インスタ映え」と、森友・加計学園問題で盛んに使われた「忖度(そんたく)」が選ばれた。

 トップ10には、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて鳴り響いた「Jアラート」(全国瞬時警報システム)や、ネット上にあふれる「フェイクニュース」、不祥事が相次いだ当選2回目の自民党衆院議員を表す「魔の2回生」などのほか、引退後も独特のキャラクターで活躍する将棋の加藤一二三九段の愛称「ひふみん」などが入った。

 選考委員で漫画家のやくみつるさんは「Jアラートやプレミアムフライデーなど、役に立つのか、しっかりしてくれよ、はやらなかったじゃんと言いたい言葉も批評の意味を込めて選んだ」と評した。

 「インスタ映え」で受賞した、女性ファッション誌「CanCam」の情報などをインスタに投稿して情報を拡散させる役割を担うインフルエンサー「CanCam it girl」の中村麻美さんは「ただカワイイ写真をアップしているだけだが、時代に名を刻めるムーブメントを起こせているというのはうれしい」。尾身綾子さんは「この時代、盛ってなんぼ。自撮りライトでいかに盛るかを考えています」とコメントした。

 「忖度まんじゅう」を企画販売した「ヘソプロダクション」(大阪市)の代表取締役、稲本ミノルさんは「このたびは大きな忖度をして下さりありがとうございます。日本文化を表すすてきな言葉をこれからも大切に使っていきたい。まんじゅうは売れまくりました」とユーモアを交えてあいさつした。

 選考委員特別賞には、陸上100メートルで日本人初の9秒台となった桐生祥秀さんの記録「9・98」と、将棋のプロデビューから無敗のまま公式戦の連勝記録を打ち立てた、藤井聡太四段の「29連勝」が選ばれた。(塩原賢)

     ◇

 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンと受賞者は次の通り。(50音順、敬称略)

 インスタ映え(年間大賞)  CanCam it girl

 35億  ブルゾンちえみ

 Jアラート  クリス・ブロード

 睡眠負債  枝川義邦・早稲田大教授

 忖度(年間大賞)  稲本ミノル・ヘソプロダクション代表取締役

 ひふみん  加藤一二三

 フェイクニュース  清原聖子・明治大准教授

 プレミアムフライデー  プレミアムフライデー推進協議会

 魔の2回生  森山志乃芙・産経新聞整理部記者

 ○○ファースト  受賞者なし

   ◇

 選考委員特別賞(敬称略)

 9・98  桐生祥秀

 29連勝  藤井聡太