[PR]

 高精細な「4K・8K」のBS放送開始まで、1日で1年。テレビ局などで作る「放送サービス高度化推進協会」が東京都内でPRイベントを開いた。福田俊男理事長は「2020年東京五輪・パラリンピックで視聴者が新しい映像を楽しんでもらうことを最低限の目標にしたい」と述べた。

 民放系のBS各局やNHKなどが、来年12月1日から4K放送を開始予定。NHKは同時に、さらに高精細の8K放送を始める。すでに4K対応テレビは店頭に並んでいるものの、専用のチューナーがなければ見られない。別売りのチューナーや内蔵テレビの発売は来夏以降になるという。

 民放連の井上弘会長は「番組が普及するためにはやはり受信機が普及しないといけない。我々も努力するが、メーカーも努力してほしい」とあいさつ。野田聖子総務相は「放送事業者やメーカーは、どのようなコンテンツが見られるのか、対応のテレビがいつ発売されるのか出来るだけ早期に情報提供してほしい」と呼びかけた。

 推進キャラクターに、俳優の深田恭子さんが選ばれたことも発表された。(滝沢文那

こんなニュースも