[PR]

 立憲民主党は1日、大阪府連の設立を府選挙管理委員会に届け出た。地方組織の設立は宮城、愛知両県に続き全国3番目で、近畿地方では初めて。1年半後に迫る統一地方選を見据え、年明けから地方議員の受け入れを本格化させる方針だ。

 立憲の府連には、大阪が地元の5人の衆院議員が所属。府連代表に森山浩行氏(比例近畿)、特別代表に辻元清美・党国会対策委員長(大阪10区)、幹事長に尾辻かな子氏(比例近畿)がそれぞれ就任する。

 森山氏は、すでに無所属の地方議員から入党の問い合わせがきているといい、府連の設立で「地域での活動をスタートする準備ができた」と話した。

こんなニュースも