[PR]

 韓国国防省は1日、北朝鮮が29日未明に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」についての分析を明らかにした。飛行試験は成功し、通常角度で発射すれば1万3千キロ以上飛行でき、米ワシントンまで到達可能と判断する一方、大気圏再突入技術が完成したかどうかは現時点では確認できないとした。

 国会国防委員会に報告した。韓国軍は当初、北朝鮮が7月に2度発射したICBM「火星14」の系列とみていたが、「新型のICBM級」と判断。ミサイルの全長は火星14より2メートル長い21メートル、直径は0・4~0・8メートル大きいと推定した。火星14は片側8輪の移動式発射台に載せられていたが、火星15は片側9輪の移動式発射台に載せられていたことなどから推定した。

 北朝鮮メディアは29日、現地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも