[PR]

 東京都江戸川区で2015年、アルバイトの同僚だった高校3年の岩瀬加奈さん(当時17)を殺害し、現金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われた無職青木正裕被告(31)の控訴審判決が1日、東京高裁であった。栃木力裁判長は、無期懲役とした一審・東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 弁護側は、被告には確定的な犯行計画や殺意がなく、無期懲役は重すぎると訴えたが、判決は「犯行前日、被告はバイト先の勤務表を見て待ち伏せしており、計画は確定的だった」と指摘。「一審判決の量刑判断は正しい」とした。

 高裁判決によると、被告は15年11月12日、自宅に岩瀬さんを誘って絞殺し、7500円を奪うなどした。(長谷文)