[PR]

 沖縄県うるま市のアートイベントで、米軍機の墜落事故をモチーフにして美術家の岡本光博さん(49)=京都市=が描いた「落米(らくべい)のおそれあり」が、地元自治会の反対意見を受け非公開となった問題で、イベントを主催する市観光物産協会は1日、絵を移動させ、うるま市与那城屋平の協会事務所がある施設での公開を決めた。2日から公開予定という。イベントは3日まで。

 イベントは、うるま市が市観光物産協会に委託。作品は伊計(いけい)島の商店のシャッターに描かれたが、商店を所有する地元自治会からうるま市側に、「地域活性化が目的のイベントにふさわしくない」などと開会前に意見が寄せられた。市はこれを受け、ベニヤ板の覆いを設置。その後関係者が対応を協議し、シャッターを外して島から出し、公開することで合意したという。(丸山ひかり)