[PR]

 トランプ米大統領が6日にも演説で、エルサレムをイスラエルの「首都」と認める方針だと分かった。ロイター通信などが1日、伝えた。東エルサレムを将来の独立国家の首都と位置づけるパレスチナは、強く反発している。

 エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地。イスラエルは東西エルサレム全域を「不可分の首都」と宣言しているが、国際社会はこれまでエルサレムをイスラエルの「首都」と認めてこなかった。日米を含む多くの国は商都テルアビブに大使館を置いている。

 トランプ氏は昨年の大統領選中には、イスラエル寄りの姿勢を鮮明にし、米大使館のエルサレムへの移転を公約にしていた。

 同通信によると、トランプ氏はエルサレムを「首都」と認める一方で、米大使館の移転については、決定を先送りする見通しだという。

 パレスチナ自治政府のアッバス議長のアブルデイナ報道官は1日、AFP通信に対して「米国がエルサレムをイスラエルの首都と認めれば、和平プロセスは崩壊する。エルサレムへの米大使館移転と同レベルの危険をはらみ、地域を不安定化させる」と強い懸念を示した。(ワシントン=杉山正、エルサレム=渡辺丘)

こんなニュースも