[PR]

 北朝鮮問題を研究する米ジョンズ・ホプキンス大の研究グループ「38ノース」は1日、北朝鮮西部・南浦(ナムポ)にある海軍造船所で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験用発射台が近く運用できるようになる、との分析を公表した。北朝鮮がSLBM開発を本格化させていることを示す動きとみられる。

 同グループは、11月11、16、24日に撮影された衛星写真を分析したところ、クレーンを使った建設作業が終わり、発射台が水上ドックに移されていたことを確認した。水上ドックでは、ポンプや通信装置、電子機器が取り付けられるものとみられ、これらの作業を終えたら運用可能になる。

 北朝鮮は東部の新浦(シンポ)にある造船所でもSLBMの発射台を設置している。潜水艦の艦首と艦尾部分に、目隠し用のシートのようなものがかけられているのが確認されている。いずれもロシア製の発射台に似ているという。(ワシントン=峯村健司)

こんなニュースも