拡大する写真・図版 2回戦で勝利したあと、観客席に頭を下げる桃田=東京・駒沢体育館

[PR]

 点を決めても声をあげない。ガッツポーズも見せない。違法賭博問題から復帰し、2年ぶりに全日本総合選手権の舞台に戻ってきた桃田賢斗(NTT東日本)は、どこか「よそ行き」に見えた。

 11月29日の1回戦。桃田は明らかに縮こまっていた。ようやく自分を取り戻したのは、第2ゲームで4―8とリードされてからだ。2回戦では、派手なガッツポーズも見せるようになった。だが、12月1日の準々決勝はストレート負け。リードを奪われるとミスを恐れて消極的になり、自らのペースを失った。

 桃田はこの1年を振り返り、「守りに入ってしまった。気持ちの面でも、決めたときのガッツポーズや声出しも少し遠慮してしまう部分もあった」と、敗戦後に明かした。

コート出てから観客席におじぎ

 「支えてくださったみなさまに恩返しをしたい」。桃田は大会中、記者会見のたびにこの言葉を繰り返した。謹慎期間中は所属するNTT東日本で会議の資料作りなどの裏方の仕事も経験。明るく染めていた髪は今は黒く、ネックレスなどのアクセサリーも外し、コートを出てからは必ず観客席におじぎをした。協会関係者は「以前とは、本当に別人のよう」とその変化に驚く。

 大会終了後、日本バドミントン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら