[PR]

 米韓両空軍は4日、韓国各地で合同軍事演習を始めた。8日まで実施する。11月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)15」を発射した北朝鮮は、演習に強く反発している。

 演習には米軍のF22、F35両ステルス戦闘機など、米韓計230機余が参加。過去最大規模で、北朝鮮の移動発射台や長距離砲などに対する爆撃や海上から侵入する特殊部隊の遮断、空中戦などの演習を行う。米韓は演習を通じて、北朝鮮による軍事挑発を抑止したい考え。

 一方、北朝鮮の祖国平和統一委員会報道官は3日、米韓演習について「緊迫した朝鮮半島情勢を一触即発の核戦争の局面へと追い込む重大な軍事的挑発だ」と非難した。朝鮮中央通信が伝えた。「挑発には無慈悲な報復が伴うことを銘記すべきだ」とも警告した。

 また、3日付の労働新聞(電子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも