[PR]

 高崎市が舞台となる映画『高崎グラフィティ。』の製作が発表された。若者5人を描く群像劇で、ロケ地もすべて同市内。監督や脚本家、カメラマン、俳優らが集まり、来夏の公開に向けて撮影が始まった。

 物語は、高校の卒業式を迎えた幼なじみの男女5人を軸に展開する。漠然とした将来への期待や不安、様々な困難の中、おのおのが自身を見つめ直し、新たな道へ歩み出す内容だ。

 映画の下敷きとなる映像作品が3月、映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」でグランプリを受賞し、映画化が決定した。制作会社の主催で、次代を担うクリエーターの発掘・育成をめざす企画という。

 市役所で5日にあった製作発表…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら