[PR]

 全国各地を訪ね歩き、「犬の像」の写真を撮り続けているカメラマンがいる。埼玉県狭山市の青柳健二さん(59)。アジアを中心に国内外の棚田の美しい写真を発表してきた写真家だ。戌(いぬ)年を迎えるのに合わせて来年1月、犬像の写真展を開く。

 青柳さんが犬像と出合ったのは2009年。妻の直子さん(48)、愛犬のビーグル犬・ヴィーノとともに、車で日本一周旅行をしている最中だった。

 北海道小樽市で見たのは消防犬「ぶん公」像。消防車に一番に乗り込み、火災現場ではやじ馬の整理をし、絡まったホースを直したという大活躍のエピソードを知った。「こんな犬の像が、全国にどのくらいあるのだろう」。興味を持って調べてみると、次々に出てきた。

 死んだ主人を10年間も待ち続けたという東京・渋谷駅前のハチ公に負けない忠犬が多い。

 新潟の雪山で雪崩に遭った主人を2度も救ったタマ公。テレビのアニメでとり上げられた盲導犬サーブは、名古屋市と岐阜県郡上市に像がある。迷った登山客を山小屋や登山口まで送り届けた大分のガイド犬、平治……。それぞれの像が大切にされていた。

 中でもお気に入りは、江戸時代、主人に代わって伊勢神宮にお参りした「おかげ犬」だ。像は、三重県の伊勢神宮近くにある。

 犬のお伊勢参り。にわかに信じがたい話だが、青柳さんは「伊勢神宮の方向に歩く犬がいれば、『感心な犬だ』とさい銭や食費を渡す人がいた。犬は人について歩き、人は犬をかわいがる。そんな中でおかげ犬の話が語り継がれてきた。人と犬との、ほのぼのとした関わりが感じられる」。香川県琴平町の「こんぴら狗(いぬ)」も同じような「代参犬」だ。

 写真ガイドブック「日本の棚田…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら