[PR]

 「太陽嵐」による大災害を乗り越えようと奮闘する斜里町民らの姿を描いたSF小説「赤いオーロラの街で」を、同町在住のウェブデザイナー伊藤瑞彦さん(42)が執筆し、今月19日に早川書房(東京)から全国一斉に出版する。

 伊藤さんは東京都内生まれで、父親の郷里・小清水町に一家で戻り、網走市で高校生活を送った。現在は斜里町でインターネット関連の仕事をしている。

 「赤い…」は、東京でプログラマーをしていた主人公が、同町の誘致した「テレワーカー」として滞在中、空が赤いオーロラに覆われる。太陽表面の爆発で強烈な電磁波やプラズマが地球を襲う、千年に1度の太陽嵐だった。

 全世界で電力・通信網が寸断さ…

この記事は有料会員記事です。残り490文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース