写真・図版

[PR]

 ボールをクラブで打ってゴルフのパットのように転がし、「ホールポスト」に入れて楽しむ「グラウンドゴルフ」が人気です。愛好者は360万人。シニアスポーツの代表格になっています。

 千葉県の生涯学習団体「いきいき大学」の教室を訪ねた。千葉市の広場に週1回、20人前後が集まって楽しんでいる。グラウンドゴルフは普通のゴルフと違い、場所に合わせてコースの数や距離を設定できる。この教室では「標準」より多い、9ホールを設け、距離に関係なく各ホールとも3打を「パー」としていた。途中に障害物を置いて難易度を調整するなど、独自の工夫もある。

 2時間近くかけて3ラウンドを回った大髙清行さん(83)は「最適の運動量です」と話した。「参加者のレベルや好みに合わせて、自由に楽しめる」と、部長の藤原弘さん(85)はいう。

 記者も試してみた。スタートマ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら