[PR]

 文化遺産保存に関する専門家・団体で構成される日本イコモス国内委員会は8日、「日本の20世紀遺産20選」を発表した。国際組織のイコモスはユネスコ(国連教育科学文化機関)の諮問機関として世界文化遺産の選考に関わるが、20世紀のものは建築物に偏っているとの批判があった。多様な遺産に光をあてようと、選定したという。

 20選には、高速・大量輸送旅客鉄道システムの原点として「東海道新幹線」▽橋技術の象徴として「瀬戸大橋」▽20世紀に発展した伝統産業景観として「有田の文化的景観」などが入った。建築もあるが、「小岩井農場」や、「黒部川水系の発電施設群」など幅広い分野から選んでいる。

 基準は、20世紀に新たに登場したものや、進化・展開したもの、歴史上の事件を象徴するものなど。選定メンバーの山名善之・東京理科大教授は「20選に入ったからすぐに世界遺産候補に、というわけではないが、遠い将来、登録される可能性があるものとして示した」と話した。また、世界遺産の原爆ドームについても、拡張を提案する形で「広島平和記念資料館及び平和記念公園」を20選に追加して列記した。

 イコモスの20世紀国際学術委員会に常時出席する約30カ国の国内委員会が各国で選定中という。(後藤洋平

日本の20世紀遺産20選

①上野恩賜(おんし)公園と文化施設群(東京)

②国立代々木屋内総合競技場(同)

③立山砂防施設群(富山)

④黒部川水系の発電施設群(同)

⑤瀬戸大橋(香川)

⑥青函トンネル(青森、北海道)

⑦舞鶴の海軍施設と都市計画(京都)

⑧南禅寺界隈(かいわい)の近代庭園群(同)

⑨隅田川橋梁(きょうりょう)群と築地市場他を含む復興関連施設群(東京)

⑩迎賓館赤坂離宮(同)

⑪聴竹居(京都)

⑫箱根の大規模木造宿泊施設群(神奈川)

⑬肥薩線(旧鹿児島本線=熊本、宮崎、鹿児島)

⑭鶴岡八幡宮境内の旧神奈川県立近代美術館(神奈川)

⑮有田の文化的景観/町並み、産業・文化施設群(佐賀)

⑯旧朝倉邸と代官山ヒルサイドテラス(東京)

⑰小岩井農場(岩手)

⑱西条の酒造施設群(広島)

⑲東海道新幹線(東京~大阪)

⑳伊賀上野城下町の文化的景観(三重)