[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)近くの保育園に米軍機のものとみられる部品が落ちていた事故について、在沖米軍は8日、県に対し、部品が米軍ヘリのものと認めた。一方で飛行中の機体から落下した可能性は「低い」と説明。原因は調査中とした。

 在沖米海兵隊のポール・ロック准将とキャンプ瑞慶覧(北中城村など)で会談した富川盛武副知事が、記者団に明らかにした。富川副知事によると、ロック准将は、保育園で見つかった部品は米軍の大型ヘリコプターCH53Eに使われているものだと説明。回転翼の根元付近にある機器を粉じんから守る部品だという。

 ただし、飛行中のCH53Eから落下した可能性については否定的な見解を示したという。政府関係者によると、米軍は、普天間所属のCH53E全機を点検し、同じ部品の損失はなかったと日本側に説明した。

 富川副知事は8日、県庁で中嶋浩一郎沖縄防衛局長らと会い、事実関係がわかるまでCH53Eなどの飛行自粛を米側に働きかけるよう要請した。(小山謙太郎)