【動画】五十嵐圭選手、井上雄彦さん バスケットボール対談=瀬戸口翼撮影
[PR]

 漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(50)とバスケ選手の対談企画の新シーズン第3回は、長年日本バスケ界を引っ張ってきた五十嵐圭選手です。

 井上 日本で世界選手権が開かれた2006年当時、ものすごい人気でしたね。五十嵐選手を取り上げた写真集やDVDなども発売されました。

 五十嵐 ホスト国として日本が出場できることになり、バスケがそれほど注目されていなかった時期にもかかわらず、テレビの地上波で試合が中継されました。あの頃、僕はプロ選手になったばかり。プレーで結果を残すことが自分のやるべき仕事だと考えるのと同時に、たくさんの人にバスケを知ってもらいたかった。どんな覚えられ方でもいい。少しでも興味を持ってもらって、試合会場に足を運んでもらえる環境づくりがしたいと考え、時間の許す限りはいろいろやりました。賛否両論があったことは知っていますが、他の若い選手たちが僕の姿を見て、「自分も注目されたい」と思ってもらいたかった。

 井上 日本では、バスケを知らない人が楽しむのは米プロバスケットボール協会(NBA)の試合で、国内リーグを見に行くのはバスケ経験者、という傾向が強かった気がします。経験者だけが観戦するスポーツエンターテインメントなんて、あり得ない。バスケをやったことが無い人にも面白いと思ってもらったり、格好良いと思ってもらったりすることが大事ですね。

 五十嵐 10年ほど前までは日本協会やリーグが、積極的に選手を売りだそうとは考えていませんでした。選手をメディアに取り上げてもらうための努力をしているBリーグでプレーできている若手が、うらやましいです。

 ただ、若い選手にとっては、リーグが一生懸命プッシュしてくれる状況がスタンダードになってしまっている。これが当たり前だとは思って欲しくない。自ら、いろんなところに出て行くことも必要です。特に日本代表は、露出を増やしていく必要があると思います。プレー以外の部分でも、バスケ界のためにできることはあるはずです。

 井上 1度は盛り上がったバスケ人気も、長くは続きませんでした。何が原因だと考えますか。

 五十嵐 日本では、競技人口の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら