[PR]

 ノロウイルスは患者の便や吐いたものに含まれるウイルスが体に入ることで感染する。では、下痢や嘔吐(おうと)をしてしまったとき、感染を広げないためにはどうしたらいいのか。国立医薬品食品衛生研究所食品衛生管理部第四室の野田衛室長に、家庭でできる対策を聞いた。

 下痢をしているときは、どうしてもトイレで勢いよく便を出してしまいがちだ。ただ、そうするとしぶきが周りに飛び散り、ウイルスが広がるリスクが高まる。野田さんは「排便の方法は感染予防の第一歩。できるだけゆっくり排便することを心がけてほしい」と指摘する。温水洗浄の使用もしぶきが周りに飛ぶため控えた方がいいという。

 下痢で便座などが汚れてしまった場合は家族らに伝え、すぐに消毒することが大切。使い捨ての手袋とマスクを着け、トイレットペーパーで汚れた部分を拭いた後、消毒液をつけた雑巾やペーパータオルで拭く。

 消毒液は500ミリリットルのペットボトルに水を入れ、次亜塩素酸ナトリウムの入った市販の漂白剤をペットボトルのキャップ2杯分ほど入れて作る。消毒後は便座にトイレットペーパーなどをひき、丸1日ほど汚れた場所に直接触れないようにする。

 家の中で吐いてしまったときは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら