[PR]

 トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことに対する8日のパレスチナ自治区での抗議行動は、その後も拡大した。ガザ地区ではイスラエル軍との衝突でパレスチナ人1人が新たに死亡。死者は計2人になった。

 ガザからは7日に続いて8日も複数のロケット弾が発射された。1発はイスラエル軍の防衛システム「鉄のドーム」で迎撃されたが、他は南部スデロトに着弾した。負傷者は確認されていない。イスラエル軍はガザの軍事施設を報復空爆するなどし、子どもを含む10人以上が負傷した。

 ガザではイスラエルとの境界付近で数千人が抗議行動に参加した。ヨルダン川西岸でも各地でパレスチナ人が投石するなどし、イスラエル軍が催涙ガスやゴム弾などを発砲。エルサレム旧市街でもパレスチナ人とイスラエルの警官隊が一時衝突した。各地の負傷者は700人を超えたという。(エルサレム=渡辺丘)

こんなニュースも