[PR]

 北朝鮮から来て北海道松前町沖の松前小島に着岸したとみられる木造船の乗組員が発電機を盗んだとして、北海道警は9日、乗組員の男3人を窃盗容疑で逮捕し、発表した。道警はこれまで任意の事情聴取を続けてきたが、8日に乗組員が船を航行させて逃走を図るような動きをみせるなどしたため、強制捜査が必要と判断した模様だ。道警は3人の認否を明らかにしていない。

 逮捕されたのは、いずれも自称で北朝鮮国籍の船長カン・ミョンハク(45)、船員リ・ヨンナム(32)、船員リ・トンナム(59)の3容疑者。発表によると、3人は島に到着してから11月末までの間に、島の物置にあった発電機1台(約65万円相当)を盗んだ疑いがある。道警は今後、動機や経緯を調べる。

 木造船は同月28日、松前小島に着岸しているのが確認され、翌29日には海上で漂泊しているのが見つかった。その後、海上保安庁の立ち入り検査で、船内から家電製品などが見つかった。一方で、無人島の松前小島の施設では発電機や家電製品などがなくなっていた。

 今月6日、船員は道警の事情聴取を拒否。8日午後には、巡視船とつながっていたロープを切断して、船を動かした。道警は逃亡を図ったとみている。

 道警によると、木造船の乗組員は10人で、氏名、生年月日、顔写真が載った手帳を持っていた。手帳にはハングルで「船員証」「朝鮮民主主義人民共和国」と記載されていたという。乗組員の説明では、9月に北朝鮮の清津港を出港。日本海でイカ漁をしていたが、約1カ月前にかじが故障し、荒天のため、松前小島に避難したという。

 乗組員10人のうち1人は腹痛を訴えて入院。この入院者を含め、逮捕されていない7人は、入国管理局に引き渡される。(磯部征紀、布田一樹)

木造船発見からの経緯

11月28日午後 北海道・松前小島で木造船を道警のヘリが見つけ、第1管区海上保安本部に通報。海保が船上と島に人がいるのを確認

29日 海保が松前小島の北東約13キロの海上で木造船を発見。乗員は「乗組員は10人で北朝鮮国籍」などと説明

30日 海保が立ち入り検査。船内にはテレビなどの家電製品があった

12月4日 松前小島の小屋の中が荒らされ、テレビや冷蔵庫などがなくなっていることが判明。乗組員1人が腹痛を訴え、病院へ搬送される

6日 乗組員全員が道警の任意聴取に応ぜず

8日 函館港沖の巡視船に係留中の木造船がロープを切断して離れる。海保の船が追走して停止させ、再び係留

9日 乗組員3人を逮捕