[PR]

 国内最高齢だったスマトラトラの「ラン」(メス、20歳)が死んだと、大阪府岬町のみさき公園が10日、発表した。人間の年齢に置き換えると90~100歳くらいだという。

 園によると、9日朝に出勤した職員が、トラ舎内の寝室で動かなくなっているのを見つけた。死因は多臓器不全。10月からエサの馬肉を食べる量が減り、12月に入るとほとんど食べなくなって衰弱していた。

 ランは1997年に東京の上野動物園で生まれ、2012年に横浜市の動物園から移ってきた。顔立ちや模様の美しさで知られ、他府県からもファンが訪れる人気者だったという。園は10日、トラ舎の前にランの献花台を設けた。

 スマトラトラはインドネシア・スマトラ島に生息し、密猟などで生息数が減っている絶滅危惧種。国内では現在、16頭が飼育され、みさき公園にはオスの「ブラン」(4歳)がいる。国内最高齢は、仙台市の八木山動物公園の「クンデ」(12歳)になった。