[PR]

 10日午前7時5分ごろ、JR品川駅(東京都港区)で、山手線の線路に30~40代ぐらいの男が線路に立ち入り、逃走した。ホームで警察官の職務質問を受けている最中だったといい、警視庁が行方を追っている。

 高速隊によると、同日午前6時ごろ、目黒区の首都高速中央環状線内回りで、ハザードランプをつけたまま低速走行を続ける不審車両があるとの通報を受け、乗用車を発見。一般道に誘導して道路脇に停車させて、運転していたこの男から話を聞いていた。

 男は「免許証を忘れた」などとあいまいな言動を繰り返していたが、「病院に行く」と言って警察官の制止を振り切り、徒歩で近くのJR五反田駅に行き山手線に乗車。追跡した隊員が品川駅で男を降車させ、ホーム上で職務質問をしていたところ、線路に飛び降りて逃走したという。

 男は身長180センチくらいのやせ形。黒髪短髪で、緑色のダウンジャケットに紺色ジーンズ、スニーカーを身につけ、黒いバッグを持っていたという。