[PR]

 名古屋市で10日まで開かれたフィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナル女子フリーで、国際スケート連盟の公認大会初となるトリプルアクセル(3回転半)―3回転トーループの連続ジャンプを決めた15歳の紀平梨花(関大ク)。年齢制限で来年の平昌(ピョンチャン)五輪には出場できないが、2022年の北京五輪ではトップ選手と互角に戦える伸びしろを感じさせた。

 紀平は試合を終え、GOE(出来栄え点)と安定感を課題に挙げた。「ロシアのトップ選手はたくさんの加点(GOE)がついていた。加点を上げればもう少し点数も上がるし、ミスなく滑ればさらに伸びる」

 GOEを増やすためには、ジャ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら