[PR]

 第8回「いっしょに読もう! 新聞コンクール」(日本新聞協会主催)の全国分の入選作がこのほど発表され、川越女子高2年の芦川琴乃さん(17)が高校生部門で、熊谷市立熊谷西小1年の新井美結さん(7)が小学生部門で最優秀賞に輝いた。県内からは他に優秀賞に3人、奨励賞に6人が選ばれた。

 小中高校生が友人や家族と一緒に新聞記事を読み、感想や意見を文章にまとめる作文のコンクールで、全国から4万7699編の応募があった。

 芦川さんは朝日新聞8月16日付の「美談演出『誉れの子』」を取り上げた。「戦死と向き合う」と題した戦後72年の連載5回目で、父親が戦死したことで「誉れの子」と呼ばれた子どもたちが当時を振り返った長行記事だ。

 小さな頃から祖父母に戦争の話…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら