[PR]

 横浜市消防局と横浜市立大学は6日、過去15年間の救急車の出動情報をビッグデータ解析し、2030年に救急出動が15年の1・36倍に増えるとの予測をまとめた。人口は19年をピークに減少するが、急激な高齢化の進展で救急搬送は増えるという。市は今後、対策を検討する。

 市大医学部の山中竹春教授と、林文子市長が記者会見し、発表した。林市長は「高齢化で出動が増えることは予想されたが、数字を見て改めて大変さを実感した。データを公開し、課題を市民と共有したい」と話した。

 市の人口推計では、増え続けてきた人口は19年をピークに減少に転じ、急速に高齢化が進む見通しだ。

 山中教授は、2002~16年で250万件の救急出動について、年代や事故種別(急病、けが、交通事故)を分析。人口推計と組み合わせ、将来の救急出動の件数を予測した。

 それによると、高齢者の急病による救急出動が大幅に増加し、15年で約18万件の年間出動件数が、30年に24万件を超える。

 高齢者の利用が多い午前中は特に増える見通しだ。午前10時台の平均出動件数は15年に28件だったが、30年には40件まで増える。

 救急隊は現在73隊。救急は1回の活動に平均90分ほどかかるといい、出動可能な救急隊がいなくなる可能性がある数字だという。

 地域によっても差がある。人口…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら