[PR]

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、サタデー・ナイト・フィーバーが起きている。それも、かつてのようなディスコではなく、「結婚式」フィーバーだ。土曜日の夜になると、華やかな衣装に身を包んだ新婦と新郎を囲むように家族、友人も着飾って集い、大勢の人びとが華やかなパーティーを繰り広げている。

 ただし、これは結婚式でも映画の舞台でもない。スペイン語で「falsa boda(ファルサ・ボダ)」、すなわち「偽の結婚式」。さらに説明すれば、偽の結婚式を口実にしたパーティーなのだ。

 教会で行われる実際の結婚式では、祭壇に立つ神父が新郎新婦に愛の誓いを問う。しかし、ここでは祭壇はステージになり、実際の結婚式では考えられないような誓いが交わされる。結婚指輪は風船で、ケーキはプラスチック製。特大の聖書が置かれている。つまるところ、おふざけである。

 「新郎」と「新婦」は俳優が演…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも