[PR]

 成田空港で11日、冬場の滑走路での除雪作業を想定し、ロータリー除雪車や凍結防止剤散布車など関係車両18台が隊列を編成して走行する様子が公開された。幅60メートルの滑走路や幅30メートルの誘導路などの除雪に備え、走行を繰り返して作業手順などを確認した。

 成田空港での本格的な除雪作業が行われたのは2014年2月が最後という。成田国際空港会社の松戸耕一・滑走路保全部長は「今年はラニーニャ現象による大雪の可能性もある。万全の準備で臨みたい」と話した。(根岸敦生