[PR]

 記者会見が予定された時間の少し前に、東京高等裁判所内にある会見室に行くと、既に母親の定松啓子さんは開始を外で待っていた。こちらに気づくと、「今、終わりました」と言葉少なに語った。安堵(あんど)の笑みはない。会見が始まると、定松さんはやるせない胸の内を語り始めた。

 「和解といっても書面のやりとり。心を通わせるものはない。教育委員会の人は目も合わせない。私の怒りは増した。でも、時間がもったいない。そう思いました」

 東京都世田谷区の区立小学校で組み体操の練習中に転倒し、後遺症が残ったとして、区内の中学3年の男子生徒が、区と当時の担任に約2千万円の損害賠償を求めた訴訟は11日、和解が成立した。

 事故が起こったのは、男子生徒…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら