[PR]

 女子高生4人が南極を目指すという、観測隊をモチーフにしたアニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」が、来年1月2日から「TOKYO MX」などで放送される。リアリティーを高めるため、国立極地研究所の職員らが製作に協力した。

 同作品は、何かを始めたいと思いつつ最初の一歩が踏み出せない女子高校生が、南極行きを切望する同学年の仲間と出会い、南極を目指す物語。監督のいしづかあつこさんは製作に当たって、南極の資料を集め、観測隊に参加した研究者や料理人などに取材を重ねてきた。

 2010~11年の夏隊に参加した極地研広報の小浜広美さん(53)も取材を受け、南極での生活を話した。夏でも外の気温が低いため、冷蔵庫を使わずに飲み物を屋外で冷やすことなどを説明。「アニメにどう使われるかわからないけれど、放送が楽しみ」と話す。

 極地研によると、07年、南極の昭和基地へ招待した元宇宙飛行士毛利衛さん(69)の一言がアニメの題名の由来だ。毛利さんは昭和基地へ向かう際「宇宙には数分でたどり着けるが、昭和基地には何日もかかる。宇宙よりも遠いですね」と話したという。

 いしづかさんは「取材を経て、南極に滞在する人の息づかいを感じるようになった」とし、アニメを見る人に向けて「新しいことに興味を持ち、思い切って遠くを目指して欲しい。そこで得た感動は生涯、心の中に残る」と話している。

 放送日時などの詳細は公式サイト(http://yorimoi.com/別ウインドウで開きます)へ。(杉本崇)

「日常離れ南極に行くロマン」 いしづか監督一問一答

 アニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」の監督いしづかあつこさんに、どのように南極を描くのかを聞いた。

 ――なぜ南極を題材にしたアニメを作ろうと思ったのですか。

 私たちが見たことのない景色を描こうと思いました。日常を離れて南極に行くことにロマンを感じました。南極はどんなところなのか興味を引く場所です。

 ――どのような取材をしましたか。

 まずは書籍から入りました。観測隊員の記録などを読み、観測隊がどういう行動を取るのか調べてみないとわからないので観測隊について時間を割きました。南極料理人や研究者に南極での経験を聞きました。

 ――南極のイメージは変わりましたか?

 未知な場所で、UFOでも埋まってそうなイメージから、話を聞くうちに人の息づかいや生活を感じるようになりました。肌触り、匂い、温度感が伝わってきました。朝起きて顔洗ってごはん食べて「今日も仕事頑張ろう。一日、ご安全に」と言って解散し、休憩時間におやつ食べて……と聞いて親近感がわきました。

 ――息づかいや生活感。アニメでどのような影響を与えましたか?

 書籍の事実の情報のみだと出来事を描くだけに終始してしまいます。ただ、私たちがやりたかったのは南極へ向かうキャラクターたちの成長物語で、そこで彼女たちが何を感じるかを表現することです。息づかいを知らないと彼女たちに何をさせたら良いか分かりません。南極に着いたら最初に何に驚くのか、どれぐらい空気が冷たくで食事の時間がどれぐらい楽しみかとか。キャラクターを膨らませるのに重要でした。

 ――話を聞いて、新しい発見はありましたか?

 国家事業でまじめなイメージだったのですが、何をするにしても楽しいイベントにしようとしていました。南極に着いて最初にヘリコプターを飛ばすときに、ペンギンやトナカイの着ぐるみを着ている人がいたりしていました。楽しそうだなあと思って。私も行きたくなりました。

 ――視聴者に何を感じてもらいたいですか。

 行き先は南極じゃなくていいと思います。でも思い切って遠くを目指して欲しいです。いままで知らなかったことを知ることの楽しさ、新しいことに興味を持つこと。そこで得た感動は生涯、心の中に残ります。

 ――楽しさがポイントなんですね。

 観測隊の話を聞いていると印象的なのが、振り返るときの話し方がとても楽しそうなんですね。写真一枚からこんなのあったねと話が膨らんでいく。青春時代を振り返る同窓会のような話し方をしています。一生の思い出として、あれぐらいの温度感で語るんだろうなというのは、うらやましくもあります。

     ◇

〈略歴〉 いしづか・あつこ 愛知県出身。映像作家、アニメーション監督。NHK「みんなのうた」で放送された曲「月のワルツ」のアニメーションで監督デビュー。主な監督作品は「ノーゲーム・ノーライフ」など。イラストやキャラクターデザインも手がけている。