[PR]

 米ホワイトハウスの主寝室。大統領ドナルド・トランプは毎朝5時半ごろ目覚めると、テレビのスイッチを入れる。まずはCNNのニュース、それからお気に入りのモーニングショー「Fox & Friends(フォックス・アンド・フレンズ)」。時々、MSNBCの「Morning Joe(モーニング・ジョー)」を見る。この番組を見ると、今日一日頑張るぞという気になる、とトランプの友人たちはみている。

 テレビで奮起し、怒りを募らせる。奮起と怒りはしばしば同時に起き、トランプは素早くiPhone(アイフォーン)に手を伸ばす。側近によると、時々は枕元でツイートする。それ以外は、隣にある書斎でテレビを見ながらツイートする。ホールを通って豪華に装飾された「条約調印の間」にはめったに行かない。この部屋は公務あるいは私的な連絡をするのに使われるが、服を着替えて入る時もあれば、寝間着のまま行って連絡を取り始めることもある。

 就任して最初の1年が過ぎようとしているが、トランプは「大統領」の意義を再定義している。

 彼は、こんなふうに思っている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも