[PR]

 気象庁は11日、南米・ペルー沖から太平洋の赤道域で海面水温の低い状態が続く「ラニーニャ現象」が発生しているとみられると発表した。異常気象をもたらす現象で、今冬は寒さが強まり、雪が多くなる恐れがあるという。

 ラニーニャ現象は統計が残る1949年以降、15回目。冬型の気圧配置が強まり、大雪や厳しい寒さになりやすいほか、夏場は酷暑になり、記録的大雨をもたらすこともある。前回は2010年夏から11年春まで発生。その前に発生した07年夏は全国で記録的な猛暑となった。

 同庁の最新の1カ月予報では、北日本から西日本の広い範囲で平年より気温が低くなり、日本海側を中心に雪が多くなるという。

 ラニーニャ現象は、ペルー沖にある監視水域の海面水温(5カ月平均)が、基準値となる過去30年の月平均より0・5度以上低い状態が6カ月続けば認定される。今回は11月までの5カ月平均が基準値より0・5度低くなっている。来年2月までこの状態が続けば、正式にラニーニャ現象と認定されるという。(山本孝興)