[PR]

 サンタクロースは定年退職した「オヤジ」たち――。クリスマスを前に、名古屋市中村区社会福祉協議会が「サンタクロース講座」を開いた。家に引きこもりがちのオヤジたちに地域の活性化に一役買ってもらう試みだ。

 11月、社協の研修室で赤いサンタの衣装を着た60~80代の男性15人が水色やピンク色の風船をひねっていた。子どもたちに披露するバルーンアートの練習だ。犬や剣を作ろうとするが、途中で風船を割る人もいるなど悪戦苦闘していた。

 同社協では定年退職した男性の社会参加を促そうと、2011年から「キラキラおやじ養成講座」を開いている。サンタ講座は今年初めて企画。「常に笑顔で」など、サンタとしての振る舞いや、クリスマスに関する知識を学んだほか、手品やバルーンアートも練習。すでに区内の保育園や高齢者施設など11カ所から依頼があり、16日から訪問を始めるという。

 参加者の一人、同区剣町の伊藤…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら