[PR]

 国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN〈アイキャン〉)のノーベル平和賞受賞を記念したコンサートが11日、ノルウェー・オスロであり、広島から運ばれた「被爆ピアノ」が米人気歌手によって演奏された。日本から訪れた被爆者やICAN関係者をはじめ、アリーナ会場に詰めかけた大勢の観客がその音色に聴き入った。

 コンサートはノーベル委員会が開いた。授賞式で講演したICAN事務局長のベアトリス・フィンさん(35)と、被爆者のサーロー節子さん(85)=カナダ在住=らが出席。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の田中熙巳(てるみ)代表委員(85)と藤森俊希(としき)事務局次長(73)も舞台上に招かれ、被爆者として紹介された。

 冒頭に司会者から原爆の被害を乗り越えた被爆ピアノの来歴が紹介された。

 授賞式でも歌声を披露したR&Bの米人気歌手ジョン・レジェンドさんが被爆ピアノを弾き、スウェーデンの女性歌手ザラ・ラーソンさんとビーチ・ボーイズの「ゴッド・オンリー・ノウズ」をデュエットすると、盛んな拍手が送られた。

 被爆ピアノは、被爆2世で調律…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも