北朝鮮による拉致被害者、曽我ひとみさん(58)の夫、チャールズ・ジェンキンスさんが11日、住んでいた新潟県佐渡市で亡くなった。77歳だった。同市関係者によると、11日午後7時ごろ、自宅の外で倒れているのを帰宅した娘が見つけて119番通報。病院に運ばれたが、死亡が確認されたという。死因は致死性不整脈だった。

 曽我さんは市を通して「突然のことでびっくりしています。いまは何も考えられません。冷静になったらコメントしたいと思います」と談話を出した。

 ジェンキンスさんは米ノースカロライナ州で生まれ、在韓米軍に所属していた1965年、軍事境界線を越えて北朝鮮に入った。78年に拉致された曽我さんと80年に結婚。2人の娘をもうけた。

 曽我さんは2002年の日朝首脳会談を経て、同年に帰国。ジェンキンスさんは04年、娘2人と北朝鮮を出国し、経由地のインドネシアで曽我さんと再会し来日した。在日米軍の軍法会議で脱走などの罪により禁錮刑の判決を受け、収監された。その後、曽我さんの出身地の佐渡市で暮らし、観光施設で働いていた。05年には手記「告白」を出版し、タイ人などの拉致被害者の存在を明かした。

 曽我さんは9月の記者会見で、ジェンキンスさんが今年から出勤数を制限していると明らかにし、「高齢だけが心配です」と語っていた。