[PR]

 今年日本一の栄冠を手にしたプロ野球、福岡ソフトバンクホークスの岩崎翔投手(28)が12日、豊前市役所を訪れ、同市のかつての山岳修験道の場、求菩提山での自主トレーニング開始を報告した。岩崎選手の同市の自主トレはここ数年続いており、後藤元秀市長らが激励した。

 岩崎投手は千葉県船橋市出身。189センチの長身から投げ下ろす威力のある速球が持ち味で、今年はパ・リーグの最優秀中継ぎ投手に輝き、チームの日本一に大きく貢献した。

 25日まで、市内に滞在し、求菩提山の坂道を生かしたランニングやウェートトレーニングを実施するという。

 応接室で出迎えた後藤市長は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら