[PR]

 竜宮城のような姿で観光スポットにもなっている小田急線の片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目)が、2020年の東京五輪前に建て替えられる。新駅舎は神社仏閣の「竜宮造り」を取り入れた本格的な竜宮城風。完成イメージ図を12日に発表した小田急は「末永く愛される駅になってほしい」と期待している。

 新駅舎は来年2月に着工。正面入り口には江の島の江島神社に似たアーチ型の楼門を構える。鉄骨で建てるが、仕上げは木造、高さは9・95メートルと現駅舎(8メートル弱)より高くなる。2020年5月に完成予定で、いまの雰囲気を残しつつ、「遊び心と品格を備えた姿にデザインした」(小田急)という。

 現駅舎は1929(昭和4)年に建設され、駅舎を背景に記念写真を撮る観光客が絶えない人気スポットだ。しかし、老朽化で雨漏りが絶えず、改修が必要になっていた。2020年の東京五輪ではセーリング競技が江の島で開催されることもあり、玄関口として建て替えを決めた。

 小田急は新駅舎について「竜宮城イコール片瀬江ノ島駅とイメージされる駅になり、訪れる人たちに楽しんでもらえたら」と話す。(小北清人)