[PR]

 小豆島の銚子渓自然動物園「お猿の国」で、サルたちが岩場の陰や木の下に集まり、暖をとる季節がやってきた、中塚正春撮影。

 約500匹のサルは日没前には20匹ほどのかたまりになり、多いときには120匹ほどの団子状態になって寒さをしのぐ。京都大学霊長類研究所の関係者は「これだけの数が寄り添うのは珍しい。サルたちの性格が温厚だからです」と話した。