[PR]

 インターネット空間に残されたわずかな「足跡」。それを手がかりに容疑者を割り出すサイバー犯罪捜査官の役割が近年、重みを増している。難事件の捜査の現場をのぞいてみると――

 「ポイントを勝手に使われた顧客から苦情がきた。サーバーが不正アクセスされた」。昨年暮れ、大手家電量販店からこんな相談があり、大阪府警サイバー犯罪対策課が捜査を始めた。

 サーバーに残されていたのは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら