[PR]

 福井国体に向け、県歯科医師会が今年から、歯科医の立場から競技をサポートする「福井県健康スポーツ歯科医」の認定を始めた。これまでに88人の歯科医が認定されている。理事の高橋均さん(55)に、具体的な仕事や期待される役割について聞いた。

 ――県健康スポーツ歯科医とはどのような役割を持つのでしょうか。

 競技中のけがを予防するために、スポーツマウスガードを普及させたり、国体開催中に選手のけがに対応したりすることを想定しています。県歯科医師会の独自の認定制度です。認定を受けるには、外傷や脳振盪(しんとう)の対応で注意することや、ドーピングと服薬の関係、スポーツマウスガードの設計や調整の基準などの研修を受ける必要があります。

 ――なぜ新たに制度をつくった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら