[PR]

 12日午後10時ごろ、名古屋市東区赤塚町の国道19号交差点で、自転車に乗っていた同市守山区幸心2丁目、会社員大杉俊逸さん(35)が、元中日ドラゴンズ投手で会社役員の小松辰雄さん(58)=同市千種区宮根台2丁目=運転の乗用車にはねられた。大杉さんは病院に搬送されたが、約10時間後に急性硬膜下血腫で死亡した。

 愛知県警東署によると、現場の交差点は国道19号と県道が交わっていて、県道の中央部にはバスレーンがある。交差点で県道を横断していた自転車と、バスレーンを東進していた小松さんの乗用車が衝突したという。小松さんは勤務先からの帰宅途中だったという。