[PR]

 2015年の都道府県別の平均寿命で、1位は男性が滋賀、女性は長野だった。厚生労働省が13日に公表した同年の「都道府県別生命表」でわかった。5年に1度、国勢調査などを基につくられるもので、男性で過去5回連続1位だった長野は2位だった。

 公表は今回で11回目。男性1位の滋賀は81・78歳(前回80・58歳)。05年、10年は2位で初のトップになった。2位は長野の81・75歳(同80・88歳)、3位は京都の81・40歳(同80・21歳)。女性1位の長野は87・675歳(同87・18歳)で、トップは2回連続。岡山の87・673歳(同86・93歳)、島根の87・64歳(同87・07歳)が続いた。

 平均寿命が最も短かったのは男女とも青森で、男性が78・67歳(同77・28歳)、女性が85・93歳(同85・34歳)だった。

 平均寿命は前回10年よりすべての都道府県で延びた。延びが大きかったのは、男性が長崎(1・50歳)、山口(1・48歳)、青森(1・39歳)。女性は鳥取(1・19歳)、群馬(0・932歳)、兵庫(0・927歳)だった。

 厚労省の担当者は「上位の都道府県は糖尿病での死亡割合が低かったり喫煙者が少なかったりといった特徴があり、下位では食塩摂取量の多さや歩行数の少なさなどが見受けられる」と分析している。(佐藤啓介)

都道府県別の平均寿命

順位   男      女

  全国80.77  全国87.01

1 滋賀81.78  長野87.67

2 長野81.75  岡山87.67

3 京都81.40  島根87.64

4 奈良81.36  滋賀87.57

5 神奈川81.32 福井87.54

6 福井81.27  熊本87.49

7 熊本81.22  沖縄87.44

8 愛知81.10  富山87.42

9 広島81.08  京都87.35

10 大分81.08  広島87.33

11 東京81.07  新潟87.32

12 石川81.04  大分87.31

13 岡山81.03  石川87.28

14 岐阜81.00  鳥取87.27

15 宮城80.99  東京87.26

16 千葉80.96  奈良87.25

17 静岡80.95  神奈川87.24

18 兵庫80.92  山梨87.22

19 三重80.86  香川87.21

20 香川80.85  宮城87.16

21 山梨80.85  福岡87.14

22 埼玉80.82  宮崎87.12

23 島根80.79  佐賀87.12

24 新潟80.69  静岡87.10

25 福岡80.66  兵庫87.07

26 佐賀80.65  高知87.01

27 富山80.61  三重86.99

28 群馬80.61  長崎86.97

29 山形80.52  山形86.96

30 山口80.51  千葉86.91

31 長崎80.38  山口86.88

32 宮崎80.34  愛知86.86

33 徳島80.32  群馬86.84

34 茨城80.28  岐阜86.82

35 北海道80.28  愛媛86.82

36 沖縄80.27  鹿児島86.78

37 高知80.26  北海道86.77

38 大阪80.23  大阪86.73

39 鳥取80.17  埼玉86.66

40 愛媛80.16  徳島86.66

41 福島80.12  和歌山86.47

42 栃木80.10  岩手86.44

43 鹿児島80.02  福島86.40

44 和歌山79.94  秋田86.38

45 岩手79.86  茨城86.33

46 秋田79.51  栃木86.24

47 青森78.67  青森85.93