[PR]

 東京電力福島第一原発事故の作業で被曝(ひばく)した後に白血病になった40代の東電社員に対し、厚生労働省は13日、労災を認定したと発表した。事故対応にあたった作業員が被曝による「がん」で労災が認められたのは4人目。白血病では3人目。

 男性は1994年4月から16年2月まで福島第一原発で働き、事故が起きた11年3~12月には原子炉格納容器への注水作業や津波被害の確認などの緊急作業に携わった。被曝線量は計99ミリシーベルトで、うち事故後に96ミリシーベルトを浴びた。16年2月に白血病を発症し、富岡労働基準監督署(福島県)に労災を申請していた。

 厚労省によると、原発作業員などが白血病になった場合、被曝を伴う作業をしていた期間の平均被曝量が年5ミリシーベルト以上で、作業開始から1年超を経て発症していれば労災と認定する基準を設けている。これまでに作業員16人が事故による被曝で「がん」を発症したとして労災を申請し、男性を含む4人が認められた。5人は不支給が決まり、2人は取り下げた。残る5人は調査中だ。

 東電によると、11年度に年5ミリシーベルトを超す被曝をした作業員は1万553人。徐々に減っているが、16年度でも2860人いた。同様の労災申請は今後も増える可能性がある。(米谷陽一)