[PR]

 英国出身で日本に長く住む人の指摘に、日ごろうやむやにしていたことを突きつけられた思いです。今回は朝日新聞に載った投稿をもとに、みなさんと考えます。日本では信号機のない横断歩道で歩行者が待っていても、車は止まってくれない。これはみなさんの実感に近いですか? そして、解決すべき大きな問題なのでしょうか?

11月9日掲載「私の視点」(要旨)

 日本では、信号機のない横断歩道では歩行者がいても車は止まらない。私の母国イギリスやオーストラリアでは車は必ず止まる。それがルールだからだ。日本の道路交通法でも歩行者優先で車の停止が定められているが、ルールが守られていない。歩行者と車のあいだには日本人独特の「あうんの呼吸」があって、その中でいつ渡るかを決めているようだ。ただ、外国人は「日本人は親切で礼儀正しい」と信じているので、車が止まると思い込み、事故にあう人が出かねない。この問題に取り組んでほしい。

「あうんの呼吸」に疑問

 「私の視点」に投稿した名城大学准教授のマーク・リバックさん(50)は、英国ロンドン生まれ。日本人と結婚し、通算20年以上日本に暮らしますが、今も、日本では車が信号機のない横断歩道で止まらず、歩行者を優先させないことに戸惑っているといいます。

 昨年秋、愛知県一宮市内の信号機のない横断歩道で、小学生がスマホのゲームに気を取られた運転手のトラックにはねられ、死亡する事故が起きました。3人の子どもがいるリバックさんはショックを受け、かねて疑問に感じていた「横断歩道問題」について、改めて道路交通法などを調べたうえで投稿したといいます。

 リバックさんは投稿で「車が必ず止まる」国として、英国とオーストラリアを挙げましたが、掲載後、英国在住の日本研究者から「英国ほどドライバーのマナーが悪い国はほかに数少ない」というメールが届いたそうです。

 リバックさんは言います。「どこの国がいいとか悪いとか、比較して優劣をつけたいわけではありません。イギリスではと言っても、ある時代のロンドンの一部しか私も知らないわけだから。ただ、来日する外国人はたいてい『日本人は法律を守る意識が高い』と思い込んでいて、そんな人たちが大勢来る2020年の五輪の折など、重大な事故が起きないかと心配になります。注意喚起をしたかったのです」

 何度か来日したリバックさんの母親は冗談半分で、日本の横断歩道を「Killer zebra」(人殺しシマウマ。英語でzebra crossingは横断歩道)と呼んだことがあります。初来日のとき、車が横断歩道で止まると思い込み、危うくひかれそうになったといいます。

 一方、リバックさんの妻は、横断歩道で車が止まらない理由を次のように話します。「日本人は人を待たせることを心苦しく感じるし、停車してあげるとあわてて渡ろうとして、反対車線の車にひかれてしまうかもしれない。また、停車しようと急に減速すると後続車に追突される可能性もある」。リバックさんは、妻の意見や、毎日のように観察する横断歩道での車と歩行者の様子から、日本では、車も歩行者も、お互いに迷惑をかけない「あうんの呼吸」で横断歩道と付き合っていると感じています。ただ、「そんな事情は外国人には通じません」と主張します。

 リバックさんの妻は、これまでの運転経験から「安全運転のためには『交通ルールを守る』ことだけでなく、『交通の流れを妨げない』必要もあると学んだ」と言います。「信号のない横断歩道でいつも止まらないわけではないのです。ただ、停車しなかったときは、『交通の流れを妨げず、流れに乗る』という、場を読んでの判断に基づいている気がします」。一方で「守られない交通ルール」が存在することは危険だと感じます。「こうした日本人の運転慣習が変えられないなら、大胆なルールの変更も必要かもしれないですね」。たとえば、「車優先にしてしまう」ことも。

 リバックさんは子どもたちにはこう教えています。「横断歩道では車が止まったのを見てから、渡りなさい。信号機のある横断歩道でも、青のときにも停車しない車があるかもしれないから」(中島鉄郎)

運転 心の余裕ないのか

 投稿の趣旨は自分の実感と「同じ・近い」、「少し・全く違う」という意見に分けて、アンケートに寄せられた声を紹介します。

●「横断歩道の手前で待ち、走ってくる車に目を合わせても止まってくれたことは全くありません。横断歩道を歩き出してからきた車はさすがに止まりますが、子連れではなかなか勇気が出ません。昔住んでいた海外のある国では車は必ず止まってくれて、止まらない車は暴言を吐かれていました。その国の人が日本に来たらさぞ驚くでしょう」(東京都・30代女性)

●「幼児を連れて朝夕20分の道のりを歩きます。信号のない横断歩道では止まる車はありません。減速していない車が見えていても、あえて少し横断歩道に2、3歩踏み出して初めて止まる車がほとんどです」(神奈川県・40代女性)

●「渡ろうとしたらクラクションを長く鳴らされた」(茨城県・30代女性)

●「本当に同感です。学校前で、子供たちが道を渡るために立ち止まっていても、止まる車はほぼ無いです。タクシーや会社名の入った車でも」(奈良県・40代女性)

●「都会(東京)などでは、まず止まってもらえませんね。地方だと止まってもらえることもある。心の余裕がないのでしょうか。以前、米国のロサンゼルスで街歩きをしていた時は、かなりの頻度で止まってもらえました」(神奈川県・60代男性)

●「全くこのご指摘の通りだと思います。日本国内でも地域差があると感じます。都市部の方が止まってくれるクルマが多いです」(栃木県・40代女性)

●「危険を感じるので、止まってくれるのを確認するまで渡りません。たまに、丁寧な運転でスピードを緩めて止まってくれる車と出会うと、とてもうれしく気持ちよくなります」(大阪府・50代女性)

●「信号の無い横断歩道を歩いていたら車がクラクションを鳴らしながら走ってきたので立ちはだかって停車させたら怒鳴られたので説教した」(千葉県・50代男性)

●「私もいつも思っていたことでした。横断歩道脇で立っていても、8割方の車は当たり前のように前を通り過ぎます。なので、よほど危険でない限り、車が近づいていても手を上げて渡るようにします」(茨城県・40代女性)

●「片側一車線の道路の半分近くまで進んでも、車は中央線を越えてそのままのスピードでよけていきます。接触覚悟で横断歩道を突き進むしかないのでしょうか」(福島県・60代男性)

●「自分の車が横断歩道で止まって歩行者が歩いていたら対向車が目の前を通過していった。警察官がスピード取り締まりをして歩道にいても、その前の横断歩道を渡ろうとしたら自動車は止まらず、警察官も何もしなかった」(埼玉県・40代男性)

●「最近は歩行者役ばかりですが、まず止まってくれる車はありません。もう一つ気に入らないのが、横断歩道なのに歩行者が渡るときに何となく駆け足や早足になりがちです。何も悪いことはしていないんですが」(神奈川県・50代男性)

●「通勤途中に横断歩道を渡ろうとしたら、トラックが突っ込んで来た。横断歩道を歩いてるのに突っ込んでくるなんて信じられない。ベビーカー押して歩いていて、家族連れの車が止まってくれないのも残念」(神奈川県・40代男性)

●「カナダの西海岸在住です。法律で決められていますので、運転手が不注意な時以外、車が止まらないことはありません。しかし歩行者も必ず車がスローダウン、停止したことを確かめてから横断歩道を歩き始めます」(海外・30代女性)

歩行者の方がワガママでは

●「歩行者として……横断歩道で車が止まらない、止まってくれないという経験はないです」(千葉県・70代男性)

●「歩行者がいるときはほとんどの車は止まると思います。逆に歩行者の立場になれば車は当然止まると油断せず注意して渡るのが当然だと思います」(神奈川県・70代女性)

●「運転手の目を見て、足早にお辞儀しながら渡れば、快く待ってくださる運転手さんの方が多いという実感です」(東京都・10代女性)

●「手を上げていれば車は止まります。ただ立っているのであれば、運転手はわからない。日本のドライバーはマナーが良い。歩行者の方が、ワガママだと思います」(東京都・60代男性)

●「都心では、横断歩道では車は止まってくれるように思います。つまり、交通ルールの文化度の違いではないでしょうか」(東京都・70代男性)

●「止まってもらえなくても、自分は待つし、実際止まってくれる人は必ずいる。逆に、車が待ってるのに歩いて渡る人が多くて、見てるこっちが申し訳ない気持ちになる。特に、スマホにイヤホンで、全く車に気づいてない人には、腹が立つ」(佐賀県・10代女性)

●「信号機のない横断歩道でも、手を上げて渡ろうとすれば、ライトをちかちかし、速度を緩めてくれて、だいたいいつも渡ることができます。横断歩道で車が止まってくれないという経験はないです」(山形県・40代女性)

●「信号機のない横断歩道を渡るとき、車に向かって手を上げるとほとんどの運転手が手招きで通してくれるので、このような指摘はわかりません。渡るときはお礼の一礼はします」(東京都・70代女性)

     ◇

アンケート「横断歩道、止まらない?」をhttp://t.asahi.com/forum別ウインドウで開きますで実施中です。ご意見はasahi_forum@asahi.comメールするでも募集しています。

こんなニュースも