[PR]

 近江八幡市武佐町の市立武佐小学校で14日、60年続く「友情年賀はがき」6千枚の仕分け作業があった。

 年賀状を交換するという習わしを通じて、児童同士の友情を育もうと1958年から始まった伝統行事。はがきは学校が作り、11月22日に1枚10円で全校児童192人と教職員に販売。児童らは思い思いにメッセージを書き、校内の専用ポストに投函(とうかん)していた。

 この日は午後1時から6年生29人と5年生20人が体育館に集まり、ポストからはがきを取り出した。児童たちは宛名ごとに仕分けして床に並べ、輪ゴムでくくった。はがきは大みそかの夜か元旦に各地区代表の児童が配達する。

 島川大和君(6年)と大林あか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら