[PR]

 ほうじ茶の市場が沸いている。香ばしい味わいや低カフェインに注目が集まり、飲み物としてだけでなくスイーツにも採用。独特の香りを生かした香水も売り出され、バリエーションが広がっている。

 コンビニエンスストア大手に相次いで登場したのが、牛乳で割った「ラテ」だ。ローソンが11月、レジ横のコーヒーマシンを使ったほうじ茶ラテを売り出すと、売れ行きは想定の1・5倍に。買った客の8割が女性で、50代以上が多いのが特徴という。

 ファミリーマートも19日、「香ばしほうじ茶ラテ」を50万杯の数量限定で発売する。茶葉は伊藤園監修の一番茶にこだわる。

 ポッカサッポロフード&ビバレッジでは、石川県発祥の茶葉を使ったペットボトル飲料「加賀棒ほうじ茶」シリーズが、1月からの累計で2千万本を売り上げた。「無糖茶の中では、伸びしろのある市場で期待も大きい」(広報)と話す。

 ほうじ茶は、煎茶などを強火で焙煎(ばいせん)したお茶のこと。カフェインはコーヒーの3分の1ほどで、健康志向から市場規模は年々拡大している。伊藤園によると、昨年は320億円と、2005年の16倍に伸びた。

 スイーツではハーゲンダッツジャパンが、ミニカップアイスクリーム「ほうじ茶ラテ」を今春に続いて期間限定で発売中だ。「同じ年に再発売するのは珍しい。それくらいお客様の要望が多かった」(広報)と打ち明ける。

 人気は食品にとどまらない。香水メーカーのルズは、「J―Scent ほうじ茶」を2月に発売。バニラやココナツなど500種以上を調合し、香ばしい茶葉の香りを再現した。売れ行きはやはり想定以上といい、担当者は「日本人になじみがあり、目立ちすぎないのが人気」と話す。(牛尾梓、筒井竜平)