[PR]

 自宅に届く荷物を転送したり預かったりする「荷受け代行」と呼ばれるアルバイトを持ちかけ、個人情報を使ってスマートフォンをだまし取ったとして、警視庁は、群馬県高崎市問屋町西2丁目、無職小原優作容疑者(38)を詐欺などの疑いで逮捕し、15日発表した。容疑を認めているという。

 サイバー犯罪対策課によると、逮捕容疑は3月、アルバイトの東京都内の30代女性の身分証明書のコピーなどを使ってネット注文でスマホ1台(約11万6千円)を購入し、女性宅に届いたスマホを回収してだまし取ったというもの。女性は3~4月にスマホや化粧品など少なくとも40個の荷物を受け取り、回収に来た男に渡していた。女性は1個当たり500~1千円の報酬を受け取っていた。だが後日、通話料や商品代など約100万円の請求がきて、支払ったという。

 小原容疑者は地域情報の掲示板アプリ「ジモティー」などを使って「自宅でできる事務作業です」として「荷受け代行」を持ちかけていた。3~5月、面接と称してこの女性を含む約10人に会って身分証明書の写真やコピーを入手。これらを使ってネット上でスマホの契約や商品の購入を行い、女性らの元に届いた商品を回収していた。警視庁はスマホ46台など約600万円分の商品を他人名義で購入し、転売していたとみている。

 契約や購入の際は発信元を隠す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら