[PR]

 インドネシア・スマトラ島北部アチェ州で13日、本籍が埼玉県の石橋雄亮さん(48)がサーフィン中に波にさらわれ、死亡が確認された。現地警察が発表した。

 警察によると、石橋さんは11日に同国に入国。12日に友人らと同州を訪れ、13日午前8時ごろから州都バンダアチェの近郊にあるロンガ海岸でサーフィンを開始。間もなくおぼれていることに気付いた周囲の人々に助けられ、バンダアチェの病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。

 同州は良好な波が得られるため、世界中のサーフィン愛好家が訪れている。(ジャカルタ=古谷祐伸)