[PR]

 1986年5月、新緑の美しい季節に英チャールズ皇太子夫妻はやってきた。ダイアナ妃の美貌(びぼう)とファッションは全国に「ダイアナ・フィーバー」を巻き起こし、華やかな王室外交を印象づけた。貿易摩擦が激しくなる中、政府が、日本の皇室と特に親密な英王室に対日批判の緩和を託した側面もあった。

 ダイアナ妃は当時24歳。3歳と1歳の王子の母親だった。古典的な英王室のファッションを若々しく、気品のあるものに一新したといわれ、どこに行っても「歩く広告塔」と呼ばれるほどの注目度だった。

 ダイアナ妃の来日は初めて。20日公開された外交文書では、「英国民一般の間の絶大な人気に鑑み、英国朝野に対するPR効果も甚だ大きいであろう」と駐英大使が述べていた。訪日直前には東京で主要国首脳会議(サミット)が開かれており、対日批判の急先鋒(きゅうせんぽう)だったサッチャー英首相と「緊密な連携を保つ」ための「雰囲気づくりにかなり役立つ」とも記されている。

 夫妻は5泊6日の日程で京都と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら